特集
» 2006年11月28日 16時01分 公開

マイクロソフト、認定資格受験者と資格者へのサービスを拡大

11月28日、マイクロソフトは同社製品の認定資格であるMicrosoft Certification Program(MCP)の資格取得者および受験者向けに、継続的なスキルアップを支援するサービス3種類を提供することを発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは、IT技術者向けの同社製品の認定資格であるMicrosoft Certification Program(MCP)の資格取得者および受験者向けに、継続的なスキルアップを支援するサービス3種類を提供する。Windows Vistaや2007 Microsoft Office systemといった新製品のリリースとともに、これらの製品のや技術のスキル習得を、MCP認定資格プログラムを通して支援するもの。

 「MCPアクションパック」は全MCP試験受験者を対象に、資格試験に不合格だった場合の保険機能を付帯したMCP受験チケット。MCP試験の1回目受験で不合格の場合には、同一科目の2回目受験が無料になる。1回目受験で合格した場合には、次回別科目の受験料が25%割引になる。

 「『TechNet Plus Direct サブスクリプション』MCP資格者向け特別優待」は、同社の最新のソフトウェアと技術情報が年間を通してオンラインで試用、入手できるIT技術者向けの有料会員サービスであるTechNet Plus Direct サブスクリプションを、MCP資格取得者を対象に特別優待価格で提供する。2006年11月28日〜2007年5月30日までに、MCSE(Windows Server 2003トラック)、MCITP、MCPDいずれかの上位資格の新規取得者は無料、2007年5月30日までにMCDST、MCSA、MCSE、MCDBA、MCAD、MCSD、MCITP、MCSD いずれかの資格の新規あるいは既取得者は50%割引、2007年5月30日までにMCP、MCTS いずれかの資格を新規あるいは既取得者は30%割引となる。

 「MCPオンラインコンシェルジェサービス」は、MCP資格者専用のオンラインコンシェルジェによる技術情報検索支援サービス。最上位資格者向けプログラムベネフィット(無償)として新たに追加される。TechNetオンライン、サポート技術情報、そのほかマイクロソフトWeb上で提供されている技術情報が本サービスの検索対象範囲となる。

 それぞれのサービスの詳細は、MCPのWebページに記載されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -