ニュース
» 2008年02月04日 18時18分 UPDATE

マイクロソフト、Windows XPにIE7を自動更新

マイクロソフトは、Internet Explorer(IE) 7日本語版への自動アップグレードを2月13日から開始する。対象はWindows XP Service Pack 2およびWindows Server 2003 Service Pack 2。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月4日、Internet Explorer(IE) 7日本語版への自動アップグレードを2月13日から開始すると発表した。対象は、Windows XP Service Pack 2およびWindows Server 2003 Service Pack 2。Windows Updateや自動更新機能、Microsoft Updateなどを通じて提供する。

 自動更新機能を有効にすると、デスクトップ上にIE7への更新通知が表示され、手順に従うとインストールできる。導入のキャンセルやインストール後の削除も可能。配布手順はIE7の自動更新告知サイトに掲載している。

image PCに表示される画面

 IE7は、フィッシング詐欺対策機能を搭載し、1つのブラウザで複数サイトをタブで表示する機能を持つ。従来は「Microsoft ダウンロードセンター」を通じて配布していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ