ニュース
» 2008年02月06日 19時30分 UPDATE

IPA、TCP実装製品の脆弱性検証ツールを公開

情報処理推進機構は、TCPやIPを実装する製品の開発者向けに、脆弱性を検証するツールを無償で貸し出すと発表した。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は2月6日、TCP(Transmission Control Protocol)やIP(Internet Protocol)を実装する製品の開発者向けに、脆弱性を検証するツールを無償で貸し出すと発表した。

 公開したのは「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」。検証ツールをPCにインストールして機器の検証を実行すると、TCPやIP関連機器の脆弱性の有無を体系的に検証できる。

 貸し出し対象は、TCP/IPを実装する製品開発ベンダーで法人格を持つ事業体。貸し出し期間は1年間、CD-ROMで無償配布する。貸し出しは同社Webページから受け付けている。

image 検証ツールの利用イメージ(同社Webページより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ