ニュース
» 2008年02月12日 20時16分 UPDATE

ケアブレインズ、SugarCRMの導入支援サービスを拡充

ケアブレインズは、同社が取り扱う「SugarCRM」について、導入から運用までの各種支援サービスを拡充した。他社のCRM製品などからの乗り換えもメニューに含まれる。

[西尾泰三,ITmedia]

 先日SugarCRM 5.0日本語版の発売を開始したケアブレインズは2月12日、同社が取り扱う「SugarCRM」について、導入から運用までの各種支援サービスを拡充した。

 動作環境の構築からカスタマイゼーション、エンドユーザーや管理者向けの教育までワンストップで導入を支援するもの。複数のサービスメニューが用意されている。

 例えば、小規模企業をターゲットにした「SugarCRMスタートアップサービスパッケージ」では、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)環境の構築、Sugar Professionalのインストールから初期設定、各種アプリケーションのチューニングなどを2日以内で行い、価格は98万円からとなっている。インストールされるLinuxディストリビューションなどは個別の相談ベースとなり、ユーザーが任意に選択することも可能で、Fedoraなどを選択することもできるが、あくまでSugarCRMの導入支援であるため、Linuxディストリビューションのサポートなどは検討しておく必要がある。

 そのほか、SalesforceやOracleなど、他社のCRM製品からの乗り換えサービスも用意されている。こちらでは、移行パッチを用いたデータ移行や管理者/ユーザーのトレーニングもサービスに含まれているほか、データベース部分にそのままOracleを用いるなどの要望が出てくることを考慮し、価格は300万円からとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -