ニュース
» 2008年02月13日 08時39分 UPDATE

AOL、携帯アプリ開発のプラットフォームを発表

AOLがこの夏リリース予定のAOL Open Mobile Platformは、Linux、RIM、Symbian、Windows Mobileなどに対応。サードパーティーのAPIと組み合わせることもできる。

[ITmedia]

 米AOLは2月11日、開発者向けに「AOL Open Mobile Platform」を提供する計画を明らかにした。携帯電話向けアプリケーションの開発と配布に必要なツールやソースコードなどで、この夏にリリースする計画。

 AOL Open Mobile Platformは、米国で150機種以上の端末に利用されているAOLの技術を基にしたもの。XMLベースの次世代マークアップ言語と「超軽量」モバイル端末クライアント、アプリケーションサーバで構成され、BREW、Java、Linux、RIM、Symbian、Windows Mobileなどの各種プラットフォームやOSに対応する。

 アプリケーションの開発に際しては、既に公開されているAIM、AOL Mail、MapQuest、WinampなどのAOLのAPIのほか、サードパーティーのAPIと組み合わせることが可能。また、AOLが「Platform-A」という総称で提供している各種広告配信リソースを利用することで、アプリから収入を得ることもできるという。

関連キーワード

AOL | API | 広告


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -