ニュース
» 2008年02月20日 16時53分 UPDATE

マイクロソフト、SQL Server 2008の日本語プレビュー版を提供 

マイクロソフトは、日本語に対応したMicrosoft SQL Server 2008のプレビュー版の提供を開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは2月20日、データベース製品「Microsoft SQL Server 2008」の評価やフィードバックが日本語でできるプレビュー版の提供を開始した。

 「SQL Server 2008 Community Technology Preview(CTP) 2月版」の提供を開始した。データ圧縮機能やデータ操作監査機能などを新たに搭載しており、日本語のユーザーインタフェースでこれらを評価できる。

 CTPは、顧客からの評価やフィードバックを目的とし、β版よりも短いサイクルで公開するプレビュー版。CTP 2月版の提供以降は、2008年第2四半期に製品候補版 (RC) を提供、2008年第3四半期に製品開発を完了する予定。

 同社のWebページからダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ