ニュース
» 2008年02月20日 19時15分 UPDATE

アクセスしにくい官公庁のサイト、文化庁や参議院など

情報やサービスにアクセスしにくい官公庁のWebサイトは文化庁、特許庁、参議院――アライド・ブレインズはWebアクセシビリティの調査結果を発表した。

[ITmedia]

 アライド・ブレインズは2月19日、実施中の「官公庁・独立行政法人ウェブサイト全ページクオリティ実態調査」のうち、官公庁のサイトの調査結果を発表した。

 官公庁が公開している37のWebサイトについて、画像の内容を説明するテキスト文書の有無、見出しや箇条書きなど文書構造に関するHTMLの記述状況を解析し、情報やサービスへのアクセスの容易さをAからEの5段階で評価した。

image 対応状況評価の基準と該当サイト数(同社Webページより)

 サイト全体でアクセスが容易とされるAレベルのサイトは、国税庁と裁判官訴追委員会の2つ。アクセスへの対応が不十分とされるDレベル以下のサイトが21と過半数を占め、対応が不十分なページが極めて多いとされるEレベルには文化庁、特許庁、参議院の3つが挙がった。

 各サイトの到達レベルの内訳は、Aレベルが2、Bレベルが0、Cレベルが14、Dレベルが18、Eレベルが3。

 調査はWebサイト解析プログラム「CRONOS 2」を用いて、官公庁、独立行政法人、民間法人の計176サイトを解析している。

関連キーワード

文化庁


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -