ニュース
» 2008年02月27日 13時27分 UPDATE

CSK Winとセンドメール、電子メールの“うっかり”送信を防ぐ新製品

CSK Winテクノロジとセンドメールは、電子メールの誤送信を防止する「PlayBackMail」を発売する。

[ITmedia]

 CSK Winテクノロジとセンドメールは2月27日、電子メールの誤送信などを防止する「PlayBackMail」を4月に発売すると発表した。

 PlayBackMailは、送信メールを隔離領域に一旦保留して一定時間後に自動的に配信する「送信保留機能」を搭載し、誤送信に気付いた場合に送信者が隔離領域にある誤送信メールを削除できる。

 添付ファイルを自動的に暗号化してパスワードを送信者に通知し、送信者が宛先を再度確認した上でパスワードを相手に送信できる機能や、一定数以上のアドレス宛てに送信する場合にTo:ヘッダおよびCc:ヘッダを削除する機能も搭載する。

 センドメールのサーバ向けソフトウェア製品とPlayBackMailモジュールを組み合わせて各種機能を利用できる。構成に必要なソフトウェアは、Windows環境が「Sendmail Advanced Message Server 1.3J Windows」と「同Mailstream Manager 2J Windows」「同Single Switch 3.1J Windows」、Linux環境が「同Mailcenter Quarantine 3J Linux」と「同Mailstream Manager 2J Linux」「同Mailstream Switch/MTA 3J Linux」。

 価格は80万円からで、両社では年間100社の利用を見込んでいる。

関連キーワード

CSK | 暗号化 | 認証 | メール&リテラシー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ