ニュース
» 2007年11月14日 16時35分 公開

グループウェア分野で業務提携――日本HP、マイクロソフト、CSK

グループウェアソリューションの販売促進に向けて、日本HP、マイクロソフト、CSK Winテクノロジの3社は協業した。

[ITmedia]

 日本HP、マイクロソフトおよびCSK Winテクノロジは11月14日、企業向けのグループウェアソリューションで協業したことを発表した。

 同ソリューションは、日本HPのx86サーバ「HP ProLiant」とマイクロソフトの「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を組み合わせたもの。CSKがソリューションの設計・構築・販売を担当し、数十ユーザー程度の小規模環境でSharePoint Serverを試験導入するためのパッケージ製品「Business Collabo Starter Kit」を提供する。

 同製品は、SharePointが25ライセンス分付くほか、ハードウェア(HP ProLiant ML350)、OS(Microsoft Windows Server 2003)がパッケージされる。社内ポータルの基本的なテンプレートがインストールされており、スケジュールや会議予約、掲示板などのコンテンツをすぐに使うことができる。

 価格は正規ライセンス版が189万円、試用版(SharePoint 2007試用版が180日間有効)が102万9000円。同日より販売が開始された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -