ニュース
» 2008年03月05日 12時45分 UPDATE

IBM、企業向けSNS活用サービスを発表

「Enterprise Adaptability」は、企業によるSNS導入を支援するサービス。

[ITmedia]

 米IBMは3月4日、企業によるコラボレーション機能やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の導入を支援する新サービス「Enterprise Adaptability」を発表した。

 Enterprise Adaptabilityは、IBM Lotus Softwareとコンテンツ管理ソフトのFileNet、同社のコンサルティングサービスを組み合わせたサービス。SNSの投資収益率(ROI)を測定する独自のツール、SNSを導入するためのプログラム、SNS分析などが含まれる。

 新サービスは「Planning」「Adoption」「Implementation」の3段階をカバーする。Planningでは、従業員、関連会社、顧客とのやりとりのパターンを分析し、SNSやコラボレーション機能の導入形態を決定。導入する場合の問題点や優先すべき事項を確認し、導入計画を作成する。Adoptionでは、会社全体のイベントや部署ごとのイベントなどを利用して、コラボレーション機能を従業員全員に通知。主な機能や、主要責任者を紹介する。Implementationでは、SNS機能を既存のアプリケーションに組み込み、それによる成果や利益を測定する。

関連キーワード

SNS | IBM | Lotus | コラボレーション | FileNet


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -