ニュース
» 2008年03月07日 20時34分 UPDATE

IPA、XSSの修正例などを加えたWebサイトの作り方最新版を公開

情報処理推進機構は、Webサイトの開発者や運営者が適切なセキュリティを考慮した実装ができるようにするための資料をWeb上に公開した。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は3月6日、Webサイトの開発者や運営者が適切なセキュリティを考慮した実装ができるようにする資料「安全なWebサイトの作り方 改訂第3版」を公開した。

 改訂第3版では、Webサイトの脆弱性に関する届け出の約7割を占めるSQLインジェクションとクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性について、具体的な7つの失敗例を追加し、問題となったWebアプリケーションの実装やコード、解説、修正例を掲載している。第1章には「アクセス制御や認可制御の欠落」の解決策を新たな節として加えた。同資料で取り上げた内容は届け出件数の約9割を網羅しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -