ニュース
» 2008年03月11日 12時49分 UPDATE

ジュニパー、ネットワーク監視アプライアンスの新製品を発表

ジュニパーネットワークスは、ログ収集や不正アクセスを監視するネットワーク管理アプライアンスのSTRMシリーズを発表した。

[ITmedia]

ジュニパーネットワークスは3月11日、ネットワークを集中管理するための新製品「Security Threat Response Manager(STRM)」を発表した。2008年後半から発売する。

 新製品は、ネットワーク上のトラフィックを監視し、ログの収集や内部からの不正アクセスをリアルタイムで検知して、さまざまな脅威やアプリケーションの通信違反を防止する。「STRM500」「STRM2500」、「STRM5000」の3機種をラインアップする。

STRM2500.jpg STRM2500

 各製品は8Gバイトのメモリと2個のRJ45トラッフィクポート(10/100/1000)を搭載し、STRAM500では最大500eps(events per second)または1万5000fpm(flow per minute)、STRAM2500では最大2500epsまたは10万fpmのスループットに対応する。価格はオープンとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -