ニュース
» 2008年03月14日 00時20分 UPDATE

SRA OSS、PostgreSQLを中心としたOSSサポートのリニューアル発表

SRA OSSは、OSSサポートサービスのリニューアルを発表した。クラスタまでサポートするPostgreSQLサービスと、Apacheなどのサーバソフトウェアをサポートするサービスの2つが用意された。

[ITmedia]

 SRA OSSは3月13日、同社の主力サービスであるオープンソースソフトウェア(OSS)サポートサービスのリニューアルを発表した。

 リニューアルを行ったのは、PostgreSQLをサポートする「PostgreSQL/PowerGres サポート&保守サービス」と、基本的なサーバソフトウェアサポートする「OSS サポートサービス」の2つ。

 PostgreSQL/PowerGres サポート&保守サービスでは、高可用性を実現する「pgpool/pgpool-II/Slony-I」などのクラスタソフトウェアもサービス対象に追加した。DBサーバノードが1つで1インシデント無制限のシルバーサービスで年額42万円から。クラスタソフトウェアのサポートは上級メニューのゴールドおよびプラチナで提供する。

 OSSサポートサービスは、Apache、Postfix、 sendmail、qmail、UW-IMAP、Courier-IMAP、qpopper、OpenLDAP、Bind、ProFTPD、vsftpd、SquidなどのOSSをサポートする。こちらは年額21万円から。

関連キーワード

オープンソース | OSS | PostgreSQL | クラスタ | Apache | Linux


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -