ニュース
» 2008年03月21日 08時34分 UPDATE

HP、ProLiantサーバに主要3社の仮想化技術を統合する技術を発表

HPがVMware、Citrix、Microsoftの仮想化技術をProLiantサーバに統合する「HP ProLiant iVirtualization」を発表した。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は3月20日、HP ProLiantサーバに仮想化機能を統合する新技術「HP ProLiant iVirtualization」を発表した。VMware、Citrix、Microsoftの協力を得て、これら3社の仮想化環境をProLiantに容易に組み込めるようにしたソリューションを提供する。

 「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESX 3i」と「HP ProLiant iVirtualization powered by Citrix XenServer」は3月31日から出荷開始、「Microsoft Hyper-V Server for HP ProLiant iVirtualization」についてはHyper-Vの正式版リリースの後に出荷開始する予定という。

 HP ProLiant iVirtualizationにより、仮想化サーバの設定が容易になる。またHPは、仮想化サーバをローカルコンソールあるいはリモートから管理できる「HP ProLiant Virtual Console」をリリースする。ProLiant Virtual Consoleは当面、HP ProLiant iVirtualization powered by Citrix XenServerにのみ対応する。

 ProLiant iVirtualizationは、既存のHP Insight Control管理ツールとシームレスに統合可能なため、仮想化環境のインストールや構成にかかる時間を削減できるとしている。HPは今週、データセンター向けの仮想化環境最適化ソフト「HP Insight Dynamics - VSE」も発表している。同ソフトでは、物理環境を扱う場合と同じやり方で、仮想化環境リソースの分析や最適化が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ