レビュー
» 2008年04月09日 00時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:情報セキュリティ担当者必見! 失敗しない「文書管理システム」導入方法とは?

情報セキュリティ強化、情報共有性の向上を目的として、文書管理システムを導入する企業が増えているが、導入後に問題続出!なんて、ケースが後を絶たない。文書管理にご興味のある方は是非、読んでいただきたい。

[PR/ITmedia]

 文書管理システムを導入する際には、「操作性を含めた機能」「システムの寿命」「システム利用時間帯」などさまざまな要件の整理が必要である。業務が忙しく、要件を整理する時間を取ることも難しい状況の中、他社の導入事例を自社に照合して要件を整理するのは非常に効率的だ。しかし、他社と自社では「文書管理」に対する考え方や方法が違うのも事実である。より効率的かつ確実に「文書管理」を実施するには、自社と他社の「文書管理」を客観的に照合できるスキルが必要となる。

 文書管理システム構築において7年以上のキャリアを持つ立山システム研究所は、文書管理システム導入を強力にサポートしている。他社の導入事例と比較して、効率的に失敗しない文書管理システム導入を行うにはどうすればよいのか? 約25000のユーザーアカウントの導入実績(2008年4月現在)がある同社が販売している「電子文書管理システムSFS」を紹介するとともに、その方法を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -