ニュース
» 2008年04月10日 16時35分 UPDATE

P2Pのダウンロードファイルの67%はウイルス付き

「銀行口座情報よりもオンラインゲーム情報を盗み出すマルウェアが急増している」とG DATAでは警告している。

[ITmedia]

 セキュリティベンダーのG DATA Softwareは4月10日、オンラインゲームの個人情報を狙ったウイルス攻撃が1月から急増しているとする調査結果を発表した。

 同社が1〜3月にP2Pネットワーク経由で流通したダウンロードファイルを調査したところ、1月はウイルスを含んだファイルの割合が全体の58%を占めたが、2月は62%、3月は67%と上昇していることが判明した。こうしたウイルスは、オンラインゲーム利用者のアカウント情報などを盗み出すのが特徴だという。

 オンラインゲームを標的とした攻撃の被害額は数億円規模に上るとされ、銀行口座やクレジットカードなどの情報を標的にした攻撃を含めると、被害額は数千億円規模になると同社では試算。また、サイバー犯罪者の関心がオンラインゲームへ移りつつあり、「今後はP2Pのダウンロードファイルにマルウェアを仕掛ける手口が広がる恐れがある」と同社では警告している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -