ニュース
» 2008年04月11日 09時02分 UPDATE

マルウェア付きMP3プレーヤーにご注意、感染したUSB機器発見が相次ぐ

サーバ用USBキーやMP3プレーヤーがマルウェアに感染した状態で出荷されていた。

[ITmedia]

 USBキーやMP3プレーヤーなどのUSB機器にマルウェアがプリインストールされていたという報告が相次いでいる。

 USBキーの感染は、SANS Internet Storm Centerが豪AUSCERTの情報として伝えた。HPのProliantサーバ用オプション製品「フロッピーUSBキー」がマルウェアをプリインストールした状態で出荷され、マシンに接続すると感染する状態になっていたという。

devciml01.jpg マルウェアが付いていたMP3プレーヤー(Kaspersky Labブログから)

 一方、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labはブログで、同僚が旅先で入手したMP3プレーヤーを自宅のPCのUSBポートに接続したところ、マルウェアに感染したという事例を紹介した。

devciml02.jpg 幸いにして感染拡大は防げたというが、ハードデバイスにもマルウェアの脅威はある(Kaspersky Labブログから)

 幸いこの同僚はKasperskyのウイルス対策ソフトでマルウェアを駆除できたと同社は説明。スマートフォンやMP3プレーヤー、フラッシュドライブなどがクリーンだと確信できない以上、ユーザーの側でサーバやPCを保護する必要があると説いている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -