ニュース
» 2008年04月17日 08時35分 UPDATE

プログラム修正の差分を自動抽出 日立ソフトが診断ツール強化

Javaコード診断ツールに、プログラムの修正部分を自動で調べられる機能を追加した。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは4月15日、Java開発において、プログラムがあらかじめ設定したルールに違反していないかを検査するツールの機能を強化したと発表した。

 強化したツールの名称は「anyWarp CodeDirector V5.1」。母体となるソースコードと修正後のソースコードの差分を診断する機能を追加したことで、修正部分のみを調べられるようになった。Java統合開発環境「Eclipse」上で、ファイルのバージョンを管理するアプリケーションソフトウェア「CVS」などと連携して、自動でソースコードを取り出す仕組みとなる。人手を介したソースコードの診断による修正部分の見落としや、工数の増加などに対処できる。

image 差分リポートの出力画面

 価格は10ユーザー当たり100万円から。4月16日から出荷する。年間で500ユーザーライセンスの販売を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -