ニュース
» 2007年11月13日 17時02分 公開

日立ソフト、UTM機能にも対応したログ解析ソフトを販売

日立ソフトは、ファイアウォールログの解析およびリポート生成製品の最新版を発表した。新製品はUTM機能にも対応する。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは11月13日、ファイアウォールのセキュリティ機能を複数管理するUTMが出力するログを解析し、稼働状況をリポートするソフトウェア「NetInsightU Security Reporting Center(SRC) v3.3」を発表した。11月14日から販売開始となる。

「NetInsightU SRC v3.3」ではUTM機能で検出されたログ解析も可能に 「NetInsightU SRC v3.3」ではUTM機能で検出されたログ解析も可能に(同社資料より)

 新製品は、従来のファイアウォールやプロキシのログ解析機能に加え、チェック・ポイントのUTMソリューション「VPN-1 UTM」および富士通のネットワークサーバ「IPCOM EXシリーズ」が持つUTM機能で検出されたログも解析できるようになった。これにより、UTMのログ解析も含めた、攻撃、アンチウイルス、Webフィルタリングに関する視覚的なリポートを生成できるようになった。

 価格は、監査対象となるログ解析機器の台数によって異なり、1台当たりで63万9000円(税抜き)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -