ニュース
» 2008年04月24日 08時32分 UPDATE

ウォッチガード、UTM新製品の日本語版を発売

ウォッチガード・テクノロジーは、日本語版GUIを備えたUTM新製品を販売する。

[ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジージャパンは4月23日、UTM(統合脅威管理)アプライアンス向けOSの最新版「Fireware 10」「Edge10」に日本語版GUIを実装したモデルを発売した。

 Fireware 10およびEdge 10は、電子メールべースのマルウェアを対象とした振る舞い検出機能やSSL VPN接続のサポート、WebフィルタリングやIPS(不正侵入防止)システムのパフォーマンス向上を図った。製品は2月に発表されており、今回発売されるのは同社初の日本語版となる。

 同社はリリースの中で、「目覚しい成長を遂げる日本市場での顧客ニーズに対応し、既に実施する日本語サポートなどを含めてサービスの拡充を図る」と述べている。

関連キーワード

UTM | WatchGuard | GUI | アプライアンス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -