ニュース
» 2008年05月08日 16時33分 UPDATE

日本HP、ストレージ従量課金サービス基盤を提供

日本HPは、仮想化技術を応用したストレージ従量課金サービス基盤を発表した。

[ITmedia]

 日本HPは5月8日、ストレージの容量を柔軟に設定できる従量課金サービス「HP StorageWorks Utility Ready Storage ソリューション」の提供を開始すると発表した。

 同サービス基盤は、ハイエンドストレージ製品「HP StorageWorks ディスクアレイXPファミリー」向けの従量課金サービスとして、2007年5月に発表されたもの。初期投資を削減でき、継続的に増加するストレージ容量に応じた投資ができるのが特徴。

fy07-092.jpg

 ストレージ製品の主力モデル「HP StorageWorks XP24000/20000 ディスクアレイ」は、容量仮想化技術であるシン・プロビジョニングに対応している。実際に使用したディスク容量に基づいた課金ができ、投資収益率(ROI)の向上に役立つとしている。

 今回の発表に併せて、同サービスに応用しているストレージ容量仮想化技術や、8Gbpsファイバチャネルに対応したSANダイレクタスイッチ「HP StorageWorks DC SAN Backbone Director」(価格は1890万円、6月上旬に出荷)も発表した。

 DC SAN Backbone Directorは、最大で384個のファイバチャネルポートを搭載でき、マルチプロトコルサポートなど大規模なSAN環境の構築に適している。また、現行の4Gbps対応SANダイレクタ関連製品について、最大40%の価格改定も行った。

関連キーワード

HP | SAN | HP StorageWorks | ディスクアレイ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -