ニュース
» 2008年05月21日 16時34分 UPDATE

メンテナンスの負担を軽減:NTTソフトウェア、モバイルセントレックスパッケージを機能強化

NTTソフトウェアは、無線LANアクセスポイントの配線工事を不要にしたモバイルセントレックスシステムを発売する。

[ITmedia]

 NTTソフトウェアは5月21日、モバイルセントレックスシステム「ProgOffice」の機能を強化するオプションを6月2日に発売すると発表した。

 発売するのは、「オールワイヤレス機能」と「接続可能無線アクセスポイント数の拡大機能」の2種類。オールワイヤレス機能では、無線LANアクセスポイント同士の接続に必要な有線での配線を独自技術で不要にした。これにより、配線工事が困難な場所で利用できるようになり、レイアウト変更などに伴う再配線工事も不要になるなど、メンテナンスの手間が軽減される。

 無線アクセスポイント数の拡張機能では、接続可能な無線LANアクセスポイントの数を32台から64台に拡張する。拠点数の多い企業でもProgOfficeを利用可能になるという。

 価格はProgOfficeサーバ類一式(クラスタ構成)が500万円。オプションのオールワイヤレス機能は100万円、接続可能無線アクセスポイント数の拡大機能は40万円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -