ニュース
» 2008年05月26日 14時28分 UPDATE

セールスフォースとNTT Comが提供:VPN経由でSalesforceが利用可能に、NGNでのサービスも視野

VPNを経由してSalesforceが利用できるサービスを、セールスフォースとNTT Comが7月1日に提供する。

[藤村能光,ITmedia]

 セールスフォース・ドットコムとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は5月26日、VPN(Virtual Private Network)上でSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型アプリケーションが利用できるサービスの提供を7月1日に開始すると発表した。

image Salesforce over VPN powered by NTT Communicationsの概要

 共同で提供するサービスの名称は「Salesforce over VPN powered by NTT Communications」(Salesforce over VPN)という。セールスフォース・ドットコムのSaaS型アプリケーション「Salesforce」をNTT Comが提供するあらゆるVPNサービスで利用できるようにするもの。社内ポリシーやセキュリティの面からインターネット経由でSalesforceを利用できなかった企業も使えるようになるのが特徴。

 「日本国内でVPN普及率は約70%。グローバルに展開するSalesforceをVPN経由で安全に使ってもらえるようになる」とNTTコミュニケーションズの野村雅行副社長は新サービスに自信を見せる。

 Salesforce over VPNには、企業レベルのカスタマイズやセキュリティ制御などの機能を備え、営業、サポート、マーケティングなどを管理できるCRM機能を提供する「Professional VPN Edition」と、これらの機能に複数部門への導入や他システムとの統合、ワークフローを用いたビジネスプロセス管理などを加えた「Enterprise Edition」のサービスがある。アクセス回線からライセンスまで一括で提供する。同サービスを提供するネットワークはNTT Comが常時監視しており、トラブル時やユーザーからの問い合わせに対応する。

image 発表会にはセールスフォース・ドットコムの宇陀栄次社長(左)とNTT研究企画部門の端山聡チーフプロデューサーも参加。中央は野村氏

 価格は初期費用が1ユーザー当たり2万1000円。月額料金はProfessional VPN Editionが1ID当たり8925円、Enterprise VPN Editionが1ID当たり1万6800円となる。カスタマイズやVPN構築の費用などは別途必要。「Salesforceの新規ユーザーの50%以上を顧客として獲得したい」(野村氏)という。

 今後は、提案書や見積書といったデータを、Salesforceのデータベースとシングルサインオンで連携できるサービスを年度内に提供したり、NTTドコモの携帯電話からSalesforce over VPNにアクセスできるサービスを展開したりする予定という。また、次世代ネットワーク(NGN)上でSaaSを展開するサービス「Salesforce over NGN(仮)」を進めるため、NTTの認証連携技術などを活用していくとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -