ニュース
» 2008年05月27日 14時50分 UPDATE

今後はDC利用へ:基幹システムのサーバ運用は自前主義の傾向

基幹システムを自前のITインフラで運用している企業が7割に上ることが分かった。今後はデータセンターサービスの利用が増えるという。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月27日、国内企業の基幹システムにおけるデータセンターサービスの利用状況についての調査結果を発表した。会計、人事、販売管理、顧客管理といった基幹システムのサーバを、自社の設備で運用・管理する企業は全体の70%弱に上り、自前のITインフラで運用する傾向が強いことが分かった。

image 企業のバックエンド業務システム(会計、人事などのシステム)のサーバ運用形態(出典:IDC Japan)

 現在、国内企業の多くはメールサーバの運用などにおいてデータセンターサービスを利用している。だが、基幹システムのサーバ運用は自社運用の方が低コストとなる場合も多く、データセンターサービスの利用は進んでいないという。

 IDCによると、ユーザー企業が関心のあるサービスは、ハードウェアや設置場所の運用をサービスとして提供するホスティングやコロケーションから、情報システム全体の運用を提供するフルアウトソーシングに移っている。今後は、基幹システムのセキュリティや事業継続性を確保するためにデータセンターサービスの利用が拡大する見通しという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -