ニュース
» 2008年05月28日 16時53分 UPDATE

ボットネットのスパムを遮断:ミラポイントが電子メールのIPアドレスを照合する新機能

ミラポイントは、IPアドレスのデータベースを利用して受信メールがスパムであるかどうかの判定精度を高める新機能を発表した。

[ITmedia]

 ミラポイントジャパンは5月28日、スパムメール対策の新機能「Mirapoint Reputation Hurdle」を発表した。メールセキュリティアプライアンスサーバ「Mirapoint RazorGate」シリーズで提供する。

 新機能は、IPアドレスを収集、分析するデータベース「リアルタイムディテクションセンタ」に受信メールのIPアドレス情報を通知し、スパムメールであるかどうかを判定するもの。リアルタイムディテクションセンタでは、一日に10億以上のIPアドレスを収集し、独自技術で電子メールの構成パターンや配信パターンを分析。スパムメールを大量送信する「ゾンビPC(ハッキングされたPC)」のIPアドレスデータと照合することで、受信メールの安全性をチェックする。

 この機能を活用することで、スパムメールの疑いがある電子メールの判定精度が高まり、正規の電子メールを誤ってスパムと判定(誤検知)するリスクが軽減される。データベースは同社が常に更新しているため、企業のメールシステム担当者などがデータを更新する手間がないという。

 ディテクションセンタへ判定依頼する際のクエリサイズは0.5Kバイトほどで、ディテクションセンタは300ミリ秒の速さで結果を返信するため、メールシステムのパフォーマンスに与える影響は少ないという。

 新機能を搭載したMirapoint RazorGateシリーズは6月19日から出荷され、価格はオープンとなっている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -