ニュース
» 2008年06月19日 14時43分 UPDATE

アウトソーシングにシフト:情報セキュリティへの投資が引き続き増加――IDC調べ

IDC Japanが実施した企業の情報セキュリティ調査では、投資額が前年度よりも「増える」と回答した企業が、「減少する」を上回った。

[ITmedia]

 IDC Japanはこのほど、国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を公表した。2008年度の投資計画では、増加を見込む企業が減少を見込む企業を上回った。

 それによると、2007年度の情報セキュリティ対策への投資実績は、前年度に比べて「増加している」と回答した企業が全体の19.0%を占め、「減少している」と回答した企業は11.5%となった。2008年度の投資見込みでは、前年度よりも「増加する」と回答した企業が18.9%を占め、「減少する」と回答した企業(10.5%)を上回った。

idcsec01.jpg 2008年度の情報セキュリティ関連投資の前年比増減率見込み(出展:IDC Japan)

 運用管理の形態に関する質問では、アウトソースサービスを利用している企業が全体の52.0%を占めた。さらに、今後アウトソースサービスの利用を計画する企業は14.3%となった。すべてを自社で運用している企業は33.7%だった。脅威管理やID/アクセス管理、コンテンツ管理といった個々のセキュリティ対策別にみても、すべての項目でアウトソースサービスを利用するという企業が自社運用を上回った。

idcsec02.jpg セキュリティシステム管理のアウトソースサービス利用の状況(出展:IDC Japan)

 アウトソースサービス需要が高い理由について、IDC Japanは「人員不足や運用コストなどの問題を抱える企業が多く、解決策として利用しているようだ。ベンダーは製品だけでなく、サービスや人材などをソリューションとして提供する必要がある」と解説している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -