ニュース
» 2008年06月26日 19時03分 UPDATE

Subversion 1.5がリリース

ソースコードのバージョン管理ツールとして人気を集める「Subversion」の最新版がリリースされた。Merge trackingなどユーザーが待ち焦がれていた機能が実装されている。

[ITmedia]

 CollabNetはバージョン管理ツール「Subversion」の最新版となる1.5.0をリリースした。ソースコードおよびバイナリが公式サイトで提供されている。

 過去のバージョンとは下位互換性を保ちつつ、バグフィックスと多くの新機能が追加されているが、中でもマージ管理機能であるMerge trackingが実装されたことが注目される。ブランチから、もしくはブランチへのマージを行うに当たって、どのリビジョンをマージしたかをトラッキングできるため、マージ済みの修正を再度適用するなどのエラーを防止できるようになる。Merge trackingにかんする情報はsvn:mergeinfoというプロパティで管理されており、これを解析して指定したブランチからマージされた修正とマージされていない修正を表示する「svn mergeinfo」コマンドも用意されている。

 このほか、チェックアウト時に取り出すディレクトリの深さを指定できる「Sparse Checkout」などが追加されているが、Merge trackingも含め1.5で実装された新機能については、サーバ/クライアント、そしてリポジトリが1.5になっていないと利用できないものがあるので注意が必要だ。なお、新機能の一覧などはこちらで確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ