ニュース
» 2008年07月03日 16時48分 UPDATE

シトリックスと日立、仮想化システムの利用で指静脈認証を利用へ

シトリックスは、日立の指静脈認証を利用して仮想アプリケーションを使用するセキュリティシステムを導入する。

[ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンと日立製作所は7月3日、日立の指静脈認証とシトリックスの「Citrix XenApp」で連携させると発表した。日立が「指静脈認証連携支援サービス」として7月11日に発売する。

 同サービスは、Citrix XenApp上で稼動する仮想アプリケーションをユーザーが利用する際に、日立の指静脈認証で本人確認をするというもの。日立が指静脈認証装置「PC- KCA100」とサーバ上で指静脈データを暗号化および一元管理、認証する「指静脈認証管理システム」を提供。生体認証を利用するため、セキュリティレベルを高められるという。

 製品価格は個別見積りで、10月1日から出荷する。日立では今後3年間で関連システム含めて50億円の売り上げを見込む。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -