ニュース
» 2008年07月04日 09時39分 UPDATE

通信カードもセット:日本通信、分単位で使えるデータ通信サービスを開始

日本通信は、NTTドコモのFOMA網を利用したノートPC向けデータ通信サービスを始める。

[ITmedia]

 日本通信は7月3日、NTTドコモのFOMA網を利用したデータ通信サービス「b-mobile 3G」を8月7日に開始すると発表した。MVNO(仮想移動体通信事業者)方式で提供する。

 新サービスは、150時間分のデータ通信利用料金とUSB型通信端末、接続ソフトをセットして提供する。ノートPCに接続ソフトをインストールして利用する仕組み。データ通信料金は分単位で課金される。有効期限は480日間。サービスエリアは全国のFOMA網エリアとなる。

 想定価格は3万9900円。同社では週に数回程度、毎回1〜2時間の利用であれば月額2500円程度になり、外出先で利用する場合などに適しているという。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

日本通信 | PCデータ定額 | NTTドコモ | FOMA | MVNO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ