ニュース
» 2008年07月23日 14時04分 UPDATE

ERPのスモールスタートを支援:SAPのERPが3000万円台で SAPジャパンが中堅企業向け新プログラム

SAPジャパンは、導入に掛かる費用を事前に算出し、OSやデータベースを事前にインストールして出荷するERPプログラムを8月に提供する。

[藤村能光,ITmedia]

 SAPジャパンは7月23日、中堅企業向けERP導入プログラム「SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAM」の提供を8月に開始すると発表した。サービス、商社、組立製造、卸業界向けに特化したプログラムで、ERPを低コストかつ短期間で導入できる。

 同プログラムは、「財務会計」「管理会計」「購買・在庫管理」「販売管理」「生産管理」「プロジェクト管理」機能を備えたERP製品。Web上でシステム構成のシミュレーションができるツール「Online Configurator」を持つのが特徴。従業員数やライセンス数など顧客企業が必要とするプロセスをWeb上で入力して、必要なソフトウェア機能を選択すると、導入に掛かる費用を試算できる。

 導入決定後には、Online Configuratorで選択した情報をSAP ERP上に設定し、OSやデータベースなどとともにハードウェアに事前にインストールして出荷する。ERPの導入において課題とされる仕様決定や導入期間を大幅に短縮できる。

image 田村元氏

 SAPは、年商500億円未満の中堅企業向けにERP導入パッケージ「SAP Business All-in-One」を提供している。SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAMは、年商50〜200億円の中堅企業を対象とし、SAP Business All-in-Oneの約半分の期間で導入が可能。

 同プログラムについて、同社のバイスプレジデント、カスタマーイノベーションセンターの田村元氏は「トレーニングを受けなくてもマニュアルを読めば使える水準にした」とし、ERPを簡単に、より早く立ち上げて効果を出せると強調した。

 価格は3000万円台から。1年間で100社への導入を目指す。今後は日本企業との協業を強化し、SAP Business All-in-One FAST-START PROGRAMに帳票サービスや教育プログラムを組み入れて販売していく。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

ERP | SAP | SMB | 黒船


オススメ関連記事 -PR-

SAP改革をトップに説き伏せる方法

アメニティーズは長野県を中心に17店舗のパチンコ店を展開する。競合他社もあり楽観できない経営環境だった。遊技台はデジタル化が進む中で、個別の遊戯台に掛かるコストを低減し、利益を増やし、遊技台の「労働生産性」を高める工夫が必要だ。バラバラだった同社のITをSAPで最適化する取り組みを開始した。


至れり尽くせりのシステムを捨てた――TOMOEGAWAの勝算

TOMOEGAWAは日本における産業用特殊紙のパイオニア。最近では半導体関連製品など先端分野の材料も開発する。同社はSAP ERPにより、ビジネススピードを飛躍的に向上させたという。「至れり尽くせり」で「つぎはぎだらけ」だったシステムをどのように刷新したのか。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -