ニュース
» 2008年07月23日 15時53分 UPDATE

携帯でパンフ請求:駿台予備校、入試情報を配信するデジタルサイネージを試験運用

NTTレゾナントは、大学の紹介映像や学部などの大学情報などを配信する電子看板を駿台予備校で試験運用する。

[ITmedia]

 NTTレゾナントは7月23日、予備校に設置したディスプレイに、大学案内や入試情報を配信するデジタルサイネージ(電子看板)「CampusChannel」の試験運用を開始した。

 同トライアルは、学校法人駿河台学園が運営する駿台予備学校の5拠点で、大学受験生向けに情報を配信するもの。トライアルに賛同した19大学の紹介映像や学部などの大学情報の静止画像、オープンキャンパスの情報などのコンテンツを専用のディスプレイに表示する。

image CampusChannelのイメージ画面(クリックで詳細表示)

 ディスプレイの側面にはリーダ端末を設置。非接触ICカード技術「FeliCa」に対応した携帯電話をかざすと、学校案内のパンフレットを携帯電話から請求できる。デジタルサイネージのシステムには、あらかじめ決めておいたスケジュールに従ってコンテンツをネットワーク経由で配信できるNTTレゾナントの「レナキャスト」を採用している。

 駿台予備学校のお茶の水校、池袋校、立川校、町田校、横浜校において、9月30日まで試験運用を実施する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -