ニュース
» 2008年08月06日 17時02分 UPDATE

KCCS、セキュリティ診断などの新サービス

京セラコミュニケーションシステムは、「ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」と「サーバ設定確認サービス」を始める。

[ITmedia]

 京セラコミュニケーションシステムは8月5日、ネットワークセキュリティサービスの新メニュー「SecureOWLネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」と「サーバ設定確認サービス」を8月20日に始めると発表した。

 SecureOWLネットワーク資産&リスク洗い出しサービスは、企業ネットワーク内に診断装置を設置して、担当者がリモートからイントラネット内にあるサーバやネットワーク機器のリスクを洗い出す。稼働中のOSやサービス、アプリケーション情報と脆弱性リスクをデータベース化し、CSV形式のデータやサマリーリポートとして提供する。

 サーバ設定確認サービスは、担当者がオンサイトでサーバの設定情報の確認やリポーティングを代行する。管理者権限のあるユーザの一覧や稼働状態を含めたサービスの一覧、インストール済みパッチやパッケージ情報などのリポートをその場で提供する。

 利用料金は、SecureOWLネットワーク資産&リスク洗い出しサービスが59万8000円から。サーバ設定確認サービスは詳細メニューごとに異なり、例えば設定確認サービスは25万円となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -