ニュース
» 2008年08月27日 16時47分 UPDATE

ディアイティ、Winnyウイルスを体験できる無料ツールを公開

ディアイティは、ファイル交換ソフトを悪用してPC内のデータをネットワーク上に流失させるウイルスの脅威を体験できるツールを公開した。

[ITmedia]

 ディアイティは8月27日、ファイル交換ソフトを悪用するウイルスの脅威を体験できる「暴露ウイルス体験ツール」を無償公開した。ファイルがPC内からP2Pネットワークへ流出する様子が分かるという。

 同ツールは、ファイル交換ソフト「Winny」を悪用してユーザーのマシン内のファイルをP2Pネットワークへ送信するウイルスの動作を確認できるもの。具体的にPC内のどのようなファイルが、どのようなファイル名に書き替えられてネットワーク上へ流出するかを擬似体験できるという。

antinydemo.jpg 体験ツールのイメージ

 提供目的について、同社では「P2Pネットワークへ情報が漏えいする様子を疑似体験することで、PC内にあるファイルの把握や不要なファイル、アプリケーションを見直すことにつなげてほしい」と説明している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

ITmedia オルタナティブ・ブロガーの意見


http://blogs.itmedia.co.jp/niikura/2008/08/post-3760.html

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ