ニュース
» 2008年09月17日 08時05分 UPDATE

Adobe、「Adobe AIR for Linux」のβ版を公開

WindowsおよびMac向けAIRで動作するAIRアプリケーションは、DRMを使ったものを除きLinux版でも動作する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは9月16日、RIA(リッチインターネットアプリケーション)プラットフォームAdobe AIRのLinux版「Adobe AIR for Linux」のβ版をリリースした。Adobe Labsのサイトからダウンロードできる。Ubuntu 7.10、Fedora 8、openSUSE 10.3に対応し、日本語を含む11言語をサポートする。

 機能はWindows版に準ずるが、DRMとBadge Installは未実装。システムトレイアイコン、キーボードショートカット、ローカリゼーション、IMEのサポート、ファイル形式登録、HTML内でのSWF形式とPDF形式のサポート、マルチディスプレイ、フルスクリーンモード、ローカルストレージの暗号化、V4L2カメラのサポートなどを備える。

 WindowsおよびMac向けAIRのバージョン1.1で動作するAIRアプリケーションは、DRM機能を採用したものを除きLinux版でも動作する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -