ニュース
» 2008年09月20日 08時02分 UPDATE

Cisco、インスタントメッセージング開発のJabberを買収

WebメールのPostPath買収に続き、IM開発の老舗Jabberを買収。企業向けコラボレーション事業の拡充を図る。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは9月19日、IM(インスタントメッセージング)ソフトウェア開発企業の米Jabberを買収することで合意したと発表した。買収金額は公表されていない。

 Jabberはオープンソースベースの企業向けIMサーバやクライアントを開発している未公開企業。同社のIMは、Microsoft Office Communications Server、IBM Sametime、AOLのAIM、Google Talk、Yahoo! Messenger、AppleのiChatなど、ほかのIMと統合できる。

 この買収により、Ciscoは自社のコラボレーション事業の強化を目指す。既存のWebEx ConnectやCisco Unified Communicationsなど、各種プラットフォームにJabberのIM機能を統合する計画という。

 JabberはCisco Collaboration Software Group(CSG)に吸収される。CSGはSoftware Groupの一部で、ネットワークOS「IOS」、ネットワークとサービス管理、Unified Communicationsソリューション、ポリシー管理、SaaSを含む、Ciscoの主要ソフトウェア事業で構成されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -