ニュース
» 2008年09月30日 16時31分 UPDATE

<Update>:UFJカードを装った偽サイトが出現 現在はアクセス制限

三菱UFJニコスなどが発行するクレジットカード「UFJカード」を装ったメールと偽サイトが確認された。現在は同サイトにはアクセス制限がかかっている。

[ITmedia]

 フィッシング詐欺対策システムを提供するシンセキュアは9月30日、三菱UFJニコスなどが発行するクレジットカード「UFJカード」を装った詐欺メールおよび偽サイトを確認したとして、注意を促した。

 シンセキュアは9月28日深夜に、差出人が「UFJ Card [service@yahoo.co.jp]」、件名が「ALERT」と記載されたUFJカードの偽メールを確認。同メールでは、メールアドレスやクレジットカードの登録の確認のため、本文中のリンクをクリックするよう促し、リンク先の偽サイトに誘導してくる。

 偽サイトではクレジットカードの番号やPIN、カードの有効期限を入力するフォームが設置されている。誤って入力すると、個人情報が抜き取られてしまう。

 シンセキュアによると、9月30日の13時時点では偽サイトが稼働しているという。16時30分現在、同サイトにはアクセス制限がかかっている。

(追記)アクセス制限はFirefoxで偽サイトを閲覧した時のもの。同日21時現在、偽サイトは稼働しており、Internet ExplorerやSlepinir、Google Chromeなどのブラウザで確認できる。
phi-mail.jpgphi-web.jpg 偽メール(左)と偽サイト(右)
image Firefoxで閲覧すると、偽サイトとして防御され、アクセスできなくなっている

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -