ニュース
» 2008年10月16日 19時49分 公開

AdminIT Daily News:インテル、「サーバ向けSSD」を投入――冷却/電力コスト削減を狙う

インテルは処理負荷の高いサーバシステム向けにSSDを市場投入。HDDに対し約100倍という高速化を図るとともにユーザーの冷却/電力コスト削減を狙う。

[ITmedia]
X-25E Extreme SATA SSD X-25E Extreme SATA SSD

 インテルは10月16日、サーバ、ワークステーションおよびストレージシステム向けのソリッドステートドライブ(SSD)「X-25E Extreme SATA SSD(以下、X-25E)」の出荷を開始した。X-25Eは50nmプロセス技術で製造されたシングルレベルセル(SLC)のNAND型フラッシュメモリを搭載している。

 一般にSSDをサーバ/ストレージシステムに採用すれば、HDDと比較して大幅にI/Oボトルネックが改善される。インテルの発表によれば、ストレージ性能を示すベンチマーク(IOPS:Input/Output Per Second)において、X-25EはHDDに対し約100倍の数値を記録したという。またインテルでは、ユーザーは同製品を採用することで、データセンターの冷却や電力に起因するコストを削減し、総保有コスト(TCO)を5倍以上低減できると試算している。

 X-25Eは、特に処理負荷の高いシステム向けに開発された。32Gバイト版のX-25Eは、4Kバイトのランダムリードおよびライトで、それぞれ3万5000IOPS/3300IOPSを記録している。読込み遅延時間は75マイクロ秒となる。可動時の消費電力は2.4ワットに抑えられ、1ワット当たりのパフォーマンスは最大1万4000IOPSとなる。同製品は2.5インチのサイズで、連続読み込み速度は最大250Mバイト/秒、連続書き込み速度は最大170Mバイト/秒に達する。設計においては長寿命化が図られ、32Gバイト版では3年間で最大4ぺタバイト(1日当たり3.7テラバイト)のデータ書き込みが可能だという(64Gバイト版は2倍の容量を書き込める)。

 価格や出荷時期は次のとおり。

モデル 価格(1000個受注時) 量産出荷時期
X25-E Extreme SATA SSD 32Gバイト 7万3600円/1個 2008年10月16日
X25-E Extreme SATA SSD 64Gバイト 未定 2009年第1四半期(予定)

関連キーワード

SSD | サーバ冷却 | NAND


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -