ニュース
» 2008年10月20日 08時55分 公開

Adobeサイトにマルウェア感染の悪質なコード

Adobe傘下のサイトに悪質なコードが仕掛けられ、ユーザーは危険なマルウェアに感染する恐れがあった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosは10月17日、米Adobe Systemsの正規のWebページに悪質なコードが仕掛けられているのを発見したと発表した。

 Sophosによると、悪質コードが見つかったのは、2006年10月の買収によってAdobeの傘下に入ったビデオブログツール「Vlog It」のサポートサイト。同サイトを訪れたユーザーは気づかないうちに「Badsrc-C」という危険なマルウェアに感染する恐れがあった。Badsrc-Cはネット経由で別の悪質なコードを呼び込み、スパイウェアを仕掛ける。

 Sophosは10月3日にこの問題を見つけ、Adobeに何度も接触を試みたとしている。16日ごろにAdobeから連絡があり、悪質なコードは削除されたという。

 今回の事件は、Adobeのような大企業でさえもWebベースのマルウェア攻撃と無縁ではないことを物語っているとSophosは指摘。現在のWeb感染は90%が正規サイトで見つかっており、企業は顧客を危険にさらすことのないよう、システムを制御していく必要があると警鐘を鳴らしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -