ニュース
» 2008年10月23日 18時08分 公開

アラジン、Linux対応のソフト著作権保護製品を発売

アラジンは、Windows、Mac、Linuxに対応した「Alladin HASP SRM v3.50」を発売する。

[ITmedia]

 アラジンジャパンは10月23日、ソフトウェアの著作権管理製品の最新版「Alladin HASP SRM v3.50」を10月27日に発売すると発表した。新たにLinuxプラットフォームに対応した。

 HASP SRMは、正規ソフトウェアの違法コピーや不正使用を防止する。事前に正規ソフトウェアをロックし、ライセンスが正しく付与されているユーザーがUSBメモリやサーバ上にある解除キーとロックキーを照合させることで、ソフトウェアを利用できる。

 最新版では、正規ソフトウェアを他のOS環境へ移植する場合に、事前に設定した保護内容をそのまま反映できるようにしたほか、正規ソフトウェアがインストールされた環境を別の環境へ丸ごとコピーしても、不正利用をできないようにする「クローン検出機能」を搭載した。

 また、正規ユーザーが解除キーを紛失したり、忘れたりした場合に、一時的にキーを提供する機能も用意した。価格は4900円からで、初年度20万個の販売を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

著作権 | Linux | 違法コピー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -