ニュース
» 2008年11月13日 12時31分 UPDATE

2009年4月に開始予定:日立電サ、PCデータのバックアップをSaaSで提供

日立電子サービスは、専用のソフトウェアをインストールして、クライアントPCのデータを自動でバックアップするSaaS型サービスを、2009年4月に提供する。

[ITmedia]

 日立電子サービス(日立電サ)は11月13日、クライアントPCのデータをデータセンターでバックアップするSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型のサービスを、2009年4月から提供すると発表した。価格は検討中としている。

 サービス名は「安心バックアップサービス」。これは、オンラインストレージと自動バックアップサービスをオンデマンドで提供するもの。バックアップデータを送信するためのソフトウェアをクライアントPCにインストールすると、前回バックアップしたデータとの差分を抽出し、差分データを自動で圧縮/暗号化してバックアップする。専用のデータセンターで、暗号化したデータを1カ月管理する。

 PCの故障や入れ替え、事前災害などでPCが使えなくなった場合でも、保管しているデータを使うことができる。データを誤って削除した場合にも、バックアップしたデータを使える。保管したファイル単位での復元も可能だ。

 同サービスのインフラには日立電サのデータセンター構築・運用ノウハウを適用。基盤のソフトウェアには、Iron Mountain Digitalの製品を使う。SaaSとして提供するため、インフラ設備の準備やシステム構築などは必要としない。

「安心バックアップサービス」の全体像 「安心バックアップサービス」の全体像(出典:日立電子サービス)

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -