レビュー
» 2008年11月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:そのIPv4機器は使えるのか? IPv6化の影響を可視化する解析ソリューション

将来のIPアドレス枯渇やネットワークの複雑化を前に、ITインフラのIPv6への移行は避けて通れない。だが、既存のデバイスは移行に問題はないのか? 対応機器を数秒で認識できるソリューションを紹介する(提供:フルーク・ネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 将来的なIPv4アドレスの枯渇やインターネット・バックボーン・ルーターテーブルの巨大化、さらにリアルタイムデータに対する高度なQoSサポート要求などに対応する上で、IT部門はIPv4からIPv6への移行検討を避けて通ることはできない。しかし、この移行の際に考慮すべき、幾つかの解決困難な課題が存在する。このような難題を解決し、IPv6ネットワークを構築するためには、現在のネットワーク状況を確認し、さらにIPv6構築後の影響を正確に評価することができるネットワーク・アナライザーが必要となる。

 フルーク・ネットワークスはこうしたニーズに応えるべく、機能性に富み、かつ業界誌から高い評価を得ている「Optiviewシリーズ3ネットワーク・アナライザー」において、新たにIPv6機能の拡充・強化を図った。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -