ニュース
» 2008年12月02日 18時15分 UPDATE

相次ぐHP改ざん:JR北海道、不正アクセスを受けホームページの運用を一時停止

JR北海道は、不正アクセスによる改ざんを受けたとして、ホームページの運用を一時停止している。原因や詳細は調査中で、再開のめども立っていない。

[ITmedia]
image JR北海道のホームページにアクセスすると、改ざんを受けたとして運用を一時停止している旨を説明したページにつながる(12月2日15時現在)

 JR北海道は、外部からの不正アクセスがありホームページを改ざんされたとして、運用を一時停止している。

 不正アクセスが判明したのは11月27日の夕方ごろ。同日の19時30分に同社のモバイルサイトを、11月28日の13時21分にホームページの運用を停止した。不正アクセスを受けた期間や改ざん内容は「現在調査中」(JR北海道広報)としている。ユーザーからの被害報告は「届いていない」(同)。

 ホームページ再開の日程も未定という。運用を停止している間、ホームページで提供していたJR指定券や国内旅行の予約、列車時刻/運賃/料金/指定席の空席案内のサービスは、電話で受け付けている。

 不正アクセスによるホームページの改ざんは、徳島県福井県などのWebサイトでも起こっている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

不正アクセス | 改ざん | 北海道 | JRグループ | HP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -