ニュース
» 2008年12月12日 13時27分 UPDATE

続報:JR北海道、不正アクセスを受けたホームページの一部を再開

不正アクセスを受けホームページの運用を停止していたJR北海道は、安全が確認できたとして一部を再開した。完全復旧にはしばらく時間がかかる見通しだ。

[ITmedia]

 JR北海道は12月11日、不正アクセスを受けて停止していたホームページの一部を再開した。

 同社のホームページは11月12日に外部からの不正アクセスを受け、「イベントチケット情報」「列車運行情報」「特急列車空席案内」の3つのWebページが改ざんされていた。これらのページには不正プログラム「JS_AGENT.IMK」が埋め込まれており、閲覧者はウイルスに感染する恐れがあった。

 今回安全が確認できたとして、一部のホームページを再開した。「時刻・運賃案内」の一部、「特急列車空席案内」「イベントチケット情報」はまだ再開していないほか、「JR北海道携帯サイト」と「JR北海道グローバルサイト」はすべてのページが停止している。

 停止しているページの再開にはしばらく時間を要するとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -