ニュース
» 2008年12月19日 08時29分 UPDATE

メールや通話記録を標的に:iPhoneの盗聴ツール登場

iPhoneでやり取りしたメールや通話記録などを盗み見できるとうたったスパイツールが登場した。

[ITmedia]

 フィンランドのセキュリティ企業F-Secureは12月18日、Apple iPhoneのメールや通話記録などを盗み見できるとうたったスパイツールが登場したと伝えた。

 同社によると、SymbianおよびWindows Mobile向けのスパイツールは2〜3年前から存在したが、iPhone向けは初めてだという。スパイツールは2種類あり、そのうち1つはロック解除されたiPhone 3Gだけに対応している。もう1つはインストールの過程でいったんiPhoneのロックを解除して、その後ロックを元に戻せる機能があるのかもしれないという。

imalware.jpg iPhone盗聴ツールの広告(F-Secureより)

 F-Secureがブログに掲載したスパイツールの広告では、iPhoneでやり取りしたメールや通話記録、GPSの位置情報などをこっそり盗み見できるとうたっている。Appleはこれに対してどのような立場を取るのだろうかと、F-Secureは疑問を投げ掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -