ニュース
» 2008年12月24日 12時24分 UPDATE

ブログの過去、現在、未来〜日本ブログ界の5年間と今後を占う(3):ブログという名の“わらしべ” (1/2)

ブログの5年間を振り返り今後を占う本シリーズ、最終回は、ツールとしてのブログの可能性と、ブログ活用の可能性について論じてみよう。

[吉川日出行(みずほ情報総研),ITmedia]

 日本のブログはブログ以前からあった日記文化と上手に融合し、いまや手軽でフットワークの良い情報発信ツールとしてのポジションを確立した。ブログおよびブロガーによって形成されるコミュニティを意味する“ブロゴスフィア”はソーシャルメディアと位置付けられ、メディアの一角として認知されるに至った。海外ではさらに進んで、既存メディアに取って替わるほどのソーシャルメディアも現れつつある。メディアとしてのブログは、日本でも今後さらにポジションを強固にしていくであろう。

ブログの過去、現在、未来〜日本ブログ界の5年間と今後を占う:(1)(2)

ブロガー座談会 オルタナブロガー編:(1)(2)

ブロガー座談会 アルファブロガー編:(1)(2)(3)

ツールとしての進化

 ブログツールは今後どのように進化していくのだろうか。インターネットの潮流や関連記事で出た内容から、筆者はいくつかの進化の方向を予想する。

 1 パーソナル情報のプラットフォームとして

 Google Friend ConnectやFacebook Connectの登場によって、人とのつながりを自分のサイト上で実現できるソーシャル化がブームになっている。インターネット上のコンテンツは、そう遠くない未来にその多くがソーシャル化されるかもしれないともいわれている。コンテンツがソーシャル化された未来では、どんなコンテンツを見ているときでも自由に友人や知り合いとつながるようになり、彼らの趣味や好みを随時キャッチして評価を参考にすることができるだろう。

 そして、つながりが重視されればされるほど、その背景の人物やキャラクターが重要になる。コンテンツを推奨してもらうときも、評価を参考にするときも、相手がどういう人でどういう背景や価値観を持っているかが大きな判断基準になるからだ。

 連載1回目で、個人の情報発信活動のためのワークスペースとしてブログを活用する「アーカイブ・ハブ」型ブロガーを紹介した。未来のブログツールの1形態は、こうしたブロガーの情報を集約する基地(ベース)のようなものになると筆者は予測する。iddy(ブロガー向けプロフィールページ)のような機能を、ブログツール自体が内包していくのだ。

 2 マルチメディアコンテンツ発信の場として

 このところのインターネットの動きとして見逃せないのが、コンテンツのマルチメディア化である。一時期ポッドキャスティングと呼ばれる音声ブログが流行ったが、最近はさらに進化して、個人でDJのようにラジオ番組を配信したり、DJならぬVJ形式でビデオ発信する者が増えている。

 ブログツールはCMS(Content Management System)の一種だといわれているが、これがマルチメディア化してブログ構築ツールの動画版、例えばMMS(Multimedia Management System)呼ばれるようなものに発展するのではないだろうか。

 欧米ではすでに、Internet TV platformと呼ばれる、brightcove.com、maven.net、ooyala.comといったプレーヤーが存在する。日本でもエビリーからミルビィというサービスが発表されている。

 欧米のInternet TV platformは、いまのところ個人向けというよりは中〜大企業への導入が先行しているようだ。しかし日本では、ニコニコ動画が12月から公開したニコニコ生放送(ニコ生)のように、個人利用が企業利用より先に立ち上がる可能性がある。

 未来のブログサービスの一部が、ビデログ構築ツールやラジオ配信基盤などのようなマルチメディア特化型へ進むというシナリオはありうる。

 3 コミュニケーションツールとして

 ソーシャルメディアは国毎の文化や風土に左右されやすく、SNSの分野は各国毎に独自の基盤が発展しつつある。日本のソーシャルメディアの特徴の1つに、pixivやdrawr、ピアプロなどで行われている絵を媒介としたコミュニケーションがある。

 現在のpixivやピアプロは、サーバ(場)を中央で管理して、そこに利用者が集まってコミュニケーションを行う形態である。コミュニティのカテゴリーが狭く参加者が少ないうちは、自然と集約型でコミュニケーションが行われ、集約することでコミュニケーションがまとめられて厚みと深さをますのだ。

 文字によるコミュニケーションも、昔はパソコン通信のフォーラムに皆がアクセスする形態で集合していたが、参加者の増大とカテゴリーの細分化とともにインターネット上に分散、移行した。将来、絵や動画でのでのコミュニケーションを行う人が増えたときに、同じようにコミュニケーションのアーキテクチャが分散型へと移行する可能性は大いにある。そのとき会話・レスポンス型ブログツールは、日本独自の新しい進化を遂げるのではないかと筆者は期待している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ