ニュース
» 2008年12月24日 17時02分 UPDATE

既設の機器とFOMAを接続:PBX利用の携帯電話内線サービス、ドコモも提供へ

NTTドコモは、企業内のPBX装置とFOMA網を接続して携帯電話で内線通話ができるサービスを2009年に始める。

[ITmedia]

 NTTドコモは12月24日、携帯電話と企業内の固定電話機間などで内線通話ができる「全国型内線サービス」(仮称)を2009年夏に導入すると発表した。既設のPBX装置を利用できるのが特徴。

 同サービスは、企業内のPBX装置とNTTドコモのバックボーン回線を接続することで、外出先でもFOMAの携帯電話端末で内線通話ができるもの。FOMA端末と企業内の卓上電話機間、FOMA端末同士では内線番号を押すだけで相手に連絡が取れる。

docomonaisen.jpg サービスイメージ

 従来のサービスは、無線LAN対応の専用携帯電話端末を必要とするなどの制約があったが、新サービスは既設PBXや同一法人名義の端末をそのまま利用でき、導入コストなどが割安になる。ドコモではPBXを持たない企業にも別途対応するという。

 類似サービスはすでにウィルコムが2007年12月ごろから提供済み。KDDIとソフトバンクも参入を表明し、いずれも2009年春までに開始する。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

携帯電話 | PBX | NTTドコモ | FOMA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -