ニュース
» 2009年02月13日 19時30分 UPDATE

日米韓の13政党で比較:自民党、民主党の公式サイト、使い勝手への配慮で「対応が不十分」

日本、米国、韓国の13政党のうち、9つの政党の公式サイトが、アクセスのしやすさに対して「対応が不十分」であることが分かった。自由民主党、民主党の公式サイトも改善の余地がありそうだ。

[ITmedia]

 アライド・ブレインズが2月13日に発表した調査によると、日本、米国、韓国の政党の公式サイトのアクセスのしやすさ(アクセシビリティ)において、13政党のうち9政党で「対応が不十分」であることが分かった。

 調査対象のサイトのうち、公式サイト全体で使い勝手への配慮がなされおり、アクセスがしやすい「Aレベル」と判断されたのは、米国の共和党のみ。日本の政党では社会民主党の「Bレベル」がトップだった。対応が不十分と考えられる「Dレベル」以下には日本共産党、自由民主党、新党日本、民主党と、日本の7政党のうち4つが名を連ねた。調査した13政党のうち9つでサイトがDレベル以下になるなど、政党のWebサイトは国を問わず改善の余地があることが浮き彫りになった。

到達レベル 政党名
A 共和党(米)
B 社会民主党(日)
C 公明党(日)、国民新党(日)
D 日本共産党(日)
E 自由先進党(韓)、自由民主党(日)、新党日本(日)、ハンナラ党(韓)、民主党(日)、民主党(米)、民主党(韓)、民主労働党(韓)

 日本の政党のサイトは、複数の公式ページが表示される案内部分やリンクバナーの画像に代替テキストがなかったり、文字の間にスペースを入れてレイアウトを調整したりしている点が部分的に見られた。こうした点は音声による読み上げを必要とする閲覧者にとって、利用の妨げになるという。

 リンク切れについては米国のアメリカ民主党が20.2%と2割を超えた。韓国の民主労働党が10.3%、日本の国民新党が2.6%と続く。自由民主党は1.6%、民主党は0.5%だった。

調査対象 リンク切れの割合
自由民主党(日) 1.6%
民主党(日) 0.5%
公明党(日) 2.3%
日本共産党(日) 2.5%
社会民主党(日) 0.6%
国民新党(日) 2.6%
新党日本(日) 0.7%
アメリカ共和党(米) 0.7%
アメリカ民主党(米) 20.2%
ハンナラ党(韓) 0.0%
民主党(韓) 1.0%
自由先進党(韓) 0.0%
民主労働党(韓) 10.3%

 調査は日本、韓国、米国の13の政党の公式サイトを対象に、日本は2009年1月22日から27日、米国と韓国は2008年11月5日から24日にかけて実施した。画像の内容を説明するテキスト文書の有無、見出しなどの文章構造に関連するHTMLの記述状況を解析し、情報へのアクセスのしやすさをAからEの5段階で評価した。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -