ニュース
» 2009年02月27日 08時23分 UPDATE

Googleが開催:「Native Client」の脆弱性を求むコンテスト

コンテストでは参加者からNative Clientの脆弱性の情報を募り、優勝者に8192ドルの賞金を贈呈。

[ITmedia]

 米Googleは、オープンソースプロジェクト「Native Client」の脆弱性を発見した参加者に賞金を贈る「Native ClientSecurity」コンテストを主催する。

 Native Clientは、Webブラウザ上でx86のネイティブコードの実行を可能にする技術。そのセキュリティを試す目的でコンテストを開き、参加者から脆弱性情報の提出を募る。

 提出された情報は専門家によって構成される委員会で審査し、Google側が脆弱性だと確認したものが正式にエントリーされる。賞金は上位5人の入賞者に贈呈され、優勝賞金は8192ドルとなっている。

 開催期間は5月5日まで。参加登録は2月25日から受け付ている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

コンテスト | 脆弱性 | Native Client | Google | x86


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ