ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンテスト」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできるワッパーを売りにしてきたブランドの伝統を今風のやり方でスマートに実現するものだ。(2024/2/21)

「+メッセージ」利用者数が4000万人を突破 25万円分の「えらべるPay」がもらえるスタンプコンテストを開催
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの提供する「+メッセージ」の利用者数が4000万人を突破。これを記念し、最優秀賞に25万円分の「えらべるPay」を贈る「第2回『+メッセージ』スタンプイラスト募集コンテスト」を開催する。(2024/2/6)

炭化したパピルス巻物をAIで解読するコンテストで2000文字以上解読成功
ポンペイ火山噴火で埋もれた図書館から発掘された炭化したパピルスの巻物を解読するコンテスト「ベスビオ火山チャレンジ」で、新たな機械学習アルゴリズムが開発され、11行2000文字の解読に成功した。(2024/2/6)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(22):
加湿器トランスデューサの水中通信実験で「ロバチャン」が進化する【後編】
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。今回は、連載第21回で紹介したコンテスト「ロバチャン」の進化に向けて行った、加湿器のトランスデューサを用いた水中通信実験の構想と結果について紹介する。(2024/1/31)

サンスター「ネコを育てる」消しゴムの第2弾 ネコ以外も新たに登場
サンスターが、自社の文房具アイデアコンテストで優秀賞に輝いた「ネコゴム」の第2弾を発売する。(2024/1/25)

CIO Dive:
OpenAIの独走は続く? 「ユーザーが選ぶLLMのコンテスト」の結果から考察
LLMが多く登場する中で、最も優れたものは何か? ユーザー参加型のコンテストの結果から、「最も優れたLLM」の条件と、企業の選定基準を考察した。(2024/1/22)

軍艦の「戦時中」と「現在」を1つのジオラマで表現 模型コンテスト優勝作品が心を震わすクオリティ
テーマ性も、船体の中身まで自作する技術も見事。(2024/1/18)

専門的知見を備えた人材の発掘が目的:
2024年2月に「防衛省サイバーコンテスト2024」を開催 バルクホールディングス
バルクホールディングスは、2024年2月25日に「防衛省サイバーコンテスト2024」を開催する。募集期間は2024年2月11日まで。上位5人の成績優秀者は、ハンドルネームまたは名前が防衛省のWebサイトに掲示される。(2024/1/5)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(21):
加湿器トランスデューサの水中通信実験で「ロバチャン」が進化する【前編】
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第21回と第22回では、筆者が設計に関わったコンテスト「ロバチャン」を紹介するとともに、その進化に向けて行っている加湿器のトランスデューサを用いた水中通信実験について解説する。(2023/12/19)

2023 TRON Symposium:
オープン化で裾野広がるμT-Kernel 3.0、プログラミングコンテストを起爆剤に
「2023 TRON Symposium」では、TRONプロジェクトのRTOS「μT-Kernel 3.0」をテーマに大手マイコンメーカー4社が協賛する「TRONプログラミングコンテスト」が発表された。本稿では、このμT-Kernel 3.0関連を中心に2023 TRON Symposiumの展示を紹介する。(2023/12/11)

組み込み開発ニュース:
μT-Kernel 3.0のプログラミングコンテスト開催、1次審査合格で評価ボードを供与
トロンフォーラムは、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」を用いた「TRONプログラミングコンテスト」を開催する。アプリケーション、ミドルウェア、ツール/開発環境の3部門で実施し、1次審査合格者に評価ボードを無償で供与する。最優秀賞や特別賞を含めた賞金総額は500万円だ。(2023/12/5)

第1回「犬・猫肉球フォトコンテスト」結果発表! 選ばれた12の“かわいい肉球”をどんと紹介
おめでとうございます!(2023/11/25)

仮装コンテストで優勝した“まさかのコスプレ”が話題 高専生ならではの発想に「めっちゃ発熱しそう」「斜め上すぎて笑った」の声
思いっきり開いた足がかわいい。(2023/11/2)

OpenAI、AIの“壊滅的な”リスクに取り組む「Preparedness」チーム結成
OpenAIは、AIの“壊滅的な”リスクに取り組むためのチーム「Preparedness」を結成した。また、そうした壊滅的リスクとその対処についてのアイデアを募集するコンテストも開始。優秀な回答には2万5000ドル分のAPIクレジットを提供する。(2023/10/27)

コンテスト応募→“落選写真”が他社資料に無断掲載 撮影者怒り「騙された気持ち」 東京モノレールが謝罪
写真コンテストをめぐり東京モノレールが謝罪しました。(2023/10/17)

炭化したパピルス巻物内の単語をAIモデルで解読 「ベスビオ火山チャレンジ」で初の賞金
ポンペイの火山噴火で炭化したパピルスの巻物を解読するコンテストで、単語が初めて解読された。パピルスの3D画像や断片画像と、それらでトレーニングした機械学習モデルをオープンソース化したこのコンテストは3月にスタートしたものだ。(2023/10/15)

ユニークなシーンを激写!「野生動物面白写真コンテスト」ファイナリスト発表 エアギターなカンガルーやタンゴを踊る馬など41作品
動物がすごいのか、カメラマンがすごいのか。(2023/10/6)

直立姿勢から飛び立つ!? 飛行ロボットコンテストに現れた不思議な機体が「そうはならんやろ」「ロマン溢れてて好き」と話題
珍しいスタイルです。(2023/9/25)

米著作権当局、生成AI「Midjourney」で制作した優勝作品の著作権保護を拒否
米著作権局審査委員会は、生成AI「Midjourney」で制作した作品の著作権保護を拒否した。対象は、昨年9月にコンテストで優勝した「Theatre D'opera Spatial」。(2023/9/12)

ロボットイベントレポート:
災害支援ロボットは“ダミヤン”を救えるのか!?――レスコン2023レポート
2023年8月11〜12日に神戸サンボーホールで開催された「レスキューロボットコンテスト2023」の概要と結果をお届けする。コンテスト参加チームの災害支援ロボットは要救助者ロボット“ダミヤン”を救えるのか!?(2023/9/11)

ジャパンモビリティショー2023:
ジャパンモビリティショーのスタートアップピッチコンテストは、9月22日まで受付
日本自動車工業会は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」のチケットを発売した。(2023/8/31)

自動運転技術:
自動運転の進化と人材育成を両立するには? 競争促す「コンテスト」
名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 特任教授の二宮芳樹氏が自動運転技術の開発と人材育成の両方に資する技術開発チャレンジへの期待を語った。(2023/8/30)

躍動感のすごさに圧倒される! スポーツ写真のコンテストの受賞作品に息をのむ
まるで空の上でゴルフしているかのような写真が優勝。(2023/8/27)

三池崇史監督、プロアマ不問のショート動画コンテストを開催 「夢のカーニバルの始まりです」
三池「26秒で奇跡を起こし、人生を豊かにしよう」。(2023/8/1)

「原神」イラスト募集コンテストの受賞作品を一部取り下げ ネットでトレース疑惑指摘
原神運営元は「コンテストにおける受賞の審査体制を引き続き改善してまいります」とコメント。(2023/7/20)

成績優秀者は防衛省のWebサイトに掲載:
隠されたFlagを見つけ、高得点をゲットせよ 防衛省がサイバーセキュリティコンテストの参加者を募集中
防衛省は、サイバーコンテストの参加者を募集している。サイバーセキュリティに関する専門的知見を備えた優秀な人材を発掘することが目的で、参加者の募集期間は2023年7月23日まで。(2023/7/20)

「世界一面白いペット写真を決めるコンテスト」今年もファイナリスト発表 ゾロになった犬、あっかんべー猫ちゃんなど25作品
表情が豊かです。(2023/7/14)

ツッコミどころ満載! 海外版「鳥人間コンテスト」風のイベントが自由すぎておもしろいと話題
最高のイベント。(2023/7/15)

『リビルドワールド』がテレビアニメ化 旧文明の遺跡を巡るSFバトルアクション
「電撃《新文芸》スタートアップコンテスト」の大賞受賞作。(2023/7/3)

武蔵野美術大、美大初の“AI絵画アワード”開催 AIピカソなどと協力 「美術の進歩において意義あること」
武蔵野美術大学とカヤックとスタディプラス、AI Picassoは、AI画像コンテスト「武蔵野AI美術大学 AI絵画アワード」を開催すると発表した。AI画像生成アプリ「AIピカソ」で作った画像をTwitterで募集する。(2023/6/22)

AIが生成した“架空のおじいちゃん”が話題 存在しない日常の記録に「写真コンテスト出しても騙されるレベル」「最高なAIの使い方」
じっくり見るとCGっぽいけど、パッと見では分からない。(2023/6/14)

モチベーションアップ:
セブン、初の「接客コンテスト」開催 地区予選勝ち抜いた22人が出場 高齢客対応などを審査 狙いは?
セブン-イレブン・ジャパンは6月9日、「第1回接客コンテスト全国大会」を開催した。従業員のモチベーションアップなどが目的。会場はどんな様子だったのか。(2023/6/9)

サードウェーブ、“raytrekイラストコンテスト”開催を記念したクリエイター向けPCを発売
サードウェーブは、クリエイターPCブランド「raytrek」からイラストコンテストの開催記念モデル2製品を発売した。(2023/5/23)

「初めの一歩」を後押し:
新興企業の設計コンテスト開催へ、賞品は「Arm IP」
Silicon Catalystは、Armの協力を得て世界規模のSoC設計コンテスト「Silicon Startups Contest」を開催する。受賞者には、15万米ドル相当のArm IPクレジットや、Armのスタートアップ向けプログラムへのフルアクセス権が授与されるという。(2023/5/17)

キンタロー。、産後ダイエット成功で肉体美コンテスト入賞 「日々の自分との戦い」 に大勝利
見事なプロポーション。(2023/5/15)

軽トラの荷台に庭園を造る「軽トラ庭園」が注目を集める 富山市で「軽トラ庭園コンテスト」開催
思った以上に迫力がすごい。(2023/5/14)

国際的写真コンテストでAI画像が優勝 「主催側にAIを受け入れる準備があるか試した」 作者は受賞拒否
写真コンテスト「Sony World Photography Awards 2023」において、AI生成画像がクリエイティブ部門の最優秀賞を受賞した。作者のボリス・エルダグセンさんは「私は生意気な猿として、主催側にAI画像を受け入れる準備があるか調べるために応募した」とし、最終的に賞を辞退した。(2023/4/18)

【コロナ禍】ナイジェリアから緊急脱出した話。 #私だけかもしれないレア体験
「#私だけかもしれないレア体験」記事投稿コンテスト受賞作品。(2023/4/5)

うすら寒い火事 #私だけかもしれないレア体験
「#私だけかもしれないレア体験」記事投稿コンテスト受賞作品。(2023/4/5)

祖父の葬儀に来た坊主がニセ坊主だった話(戒名検証編の追記あり) #私だけかもしれないレア体験
「#私だけかもしれないレア体験」記事投稿コンテスト受賞作品。(2023/4/5)

プレスリリースも作成:
「ChatGPT」の業務活用案、GMOがグループ内で募集 賞金総額1000万円
GMOインターネットグループは米OpenAIが提供する対話型の自動応答ソフト「ChatGPT」の業務活用を推奨する方針を打ち出した。業務効率化が主な狙い。活用推進に向け、「ChatGPT業務活用コンテスト」をグループ内で開催する。(2023/3/10)

GMOグループ「ChatGPT」の業務活用を開始 賞金1000万円のコンテストも
GMOインターネットグループは3月10日、「ChatGPT」の積極的な業務活用を開始したと発表した。グループ全体で活用を推奨し、業務効率化や新サービスの検証などに活用する。(2023/3/10)

AIで生成した画像が写真コンテストで優勝 作成者は実験だったと明かし賞金を返還
(2023/2/15)

「AIと人間の恋」がテーマの小説コンテスト開催 人工知能搭載なら相手が炊飯器でもOK
ホビージャパンは「AIと人間の恋」がテーマの「AI×恋愛短編コンテスト」の作品募集を始めた。AIを搭載していれば形はアンドロイドでも炊飯器でも対象になるとしている。(2023/2/14)

「自分だけかも!?」なレア体験を待ってます! ねとらぼ×note共同で投稿コンテストを開催
noteのハッシュタグ「#私だけかもしれないレア体験」への投稿、お待ちしております。(2022/12/15)

【結果発表】まさかのシーンを激写!「オモシロ野生動物写真コンテスト2022」 総合優勝はネコ科らしからぬ反射神経の子ライオン
この後、元気に走り去りました。(2022/12/13)

吉田沙保里、美少女のめいっ子・ココちゃんの成長を報告し反響 「国民的美少女コンテスト行ける」「後藤真希ちゃんかと」
8歳にしてこれは将来有望。(2022/12/5)

こんなすごいヒゲ見たことない! 「全米ヒゲコンテスト」参加者のヒゲが圧巻
(2022/11/27)

画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第4回】
“AI絵師”がアートコンテストでまさかの優勝 物議の作者が口を開いた
画像生成AIモデルを用いたアート作品が、コンテストで入賞を果たした。作者は何をきっかけに、AI技術を活用したアート作品制作を始めたのか。AIアートをどう捉えているのか。(2022/11/25)

ピッコマが初の小説コンテスト、賞金総額2000万円 クリエイター発掘へ
電子マンガ・小説の配信プラットフォーム「ピッコマ」で初の小説コンテストが開催。賞金総額は2000万円。クリエイター発掘に向けた施策という。(2022/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。