ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クリエイター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クリエイター」に関する情報が集まったページです。

マウス、クリエイター向け14型ノート「DAIV 4P」のカスタマイズオプションにLTEモジュールを追加
マウスコンピューターは、クリエイター向け14型ノートPC「DAIV 4P」のカスタマイズオプションを拡充、新たにLTEモジュールの追加に対応した。(2022/1/25)

GIGABYTE、Core i7+RTX 3060を搭載した4K有機ELパネル採用クリエイター向け15.6型ノート
GIGABYTEは、第11世代Coreプロセッサを採用した4K有機ELパネル搭載クリエイター向け15.6型ノートPC「AERO 15 OLED」の新モデルを発表した。(2022/1/21)

MSI、KVMスイッチ機能も備えたハイエンド32型4K液晶ディスプレイ 遮光フードも付属
エムエスアイコンピュータージャパンは、ビジネス/クリエイター向けとなる4K表示対応の32型液晶ディスプレイ「Summit MS321UP」を発売する。(2022/1/20)

Instagram、クリエイター収益化機能「Subscription」のテストを開始
Meta(旧Facebook)傘下のInstagramは、クリエイター収益化機能「Subscription」のテストを開始した。フォロワーはクリエイターが設定した月額料金を支払うことで特典を得られる。(2022/1/20)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
雑誌・書籍読み放題からソフトサブスク、クリエイターパトロンまで、何使ってる?
映像系、音楽系に続く、サブスクに関する状況をまとめるシリーズ第3弾は「その他」。(2022/1/19)

マウス、クリエイター向けミドルタワー型デスクトップ「DAIV Z7」に第12世代Core搭載モデル
マウスコンピューターは、同社製クリエイター向けミドルタワー型デスクトップ「DAIV Z7」シリーズに第12世代Coreプロセッサを採用した新構成モデルを追加した。(2022/1/12)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

Twitter、2021年のゲーム関連ツイートランキング 最多ツイートは「原神」
Twitterが恒例のゲーム関連ツイートランキング2021年版を発表した。最もツイートされたゲームは「原神」だったが日本のゲームがトップ10の半分を占めた。関連クリエイターのトップはころん(すとぷり)さん(@Colon56N)だった。(2022/1/11)

MSIが第12世代Coreプロセッサ+GeForce 30シリーズ搭載のゲーミングPCやクリエイター向けPCを発表
MSIがIntelの第12世代CoreプロセッサとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを搭載したパワフルなゲーミングPCを投入する。日本での展開は現時点で未定だ。(2022/1/6)

2021年版「YouTubeチャンネル総再生回数ランキング」 26億再生の1位は?
BitStarは、2021年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。YouTubeチャンネル総再生数ランキング2位は「まいぜんシスターズ」だった。そのほかにも、動画再生数ランキング、新規開設チャンネル、急上昇ランキングなどを発表している。(2021/12/28)

ニコ動「クリエイター推奨プログラム」で2段階認証が必須に リスト型攻撃などを受け
ニコニコ動画の「クリエイター奨励プログラム」で2段階認証の設定が必須となる。不正ログインによる被害を防止する。(2021/12/28)

創作するAIたち2021 画家、プログラマー、小説家、作曲家、歌手、友達……が機械に
2021年は研究者や企業だけでなく、一般クリエイターでも使えるクリエイティブなAIが幾つも登場した。写真、小説、メロディー、歌声、プログラムなどを創作するAIを紹介する。(2021/12/28)

TikTokで話題のレシピを再現して配達する「TikTok Kitchen」、米国で開始
TikTokは2022年、プラットフォームでバイラルになったレシピをデリバリーする「TikTok Kitchen」を米国で開始する。ゴーストキッチンのVDCとの提携で実現。売り上げの一部はクリエイターに還元する。(2021/12/20)

Spotify、ラジオ番組をPodcastに変換するツールのWhooshkaaを買収
Spotifyは、ラジオ番組を簡単にPodcast化するツールを手掛けるWhooshkaaを買収すると発表した。昨年買収したPodcast広告プラットフォームのMegaphoneに統合し、Podcastクリエイターの収益化を促進する。(2021/12/17)

各席にディスプレイモニターが! みなとみらい駅近くにクリエイターにありがたい喫茶店がオープン
行き詰まったらスイーツ食べましょう。(2021/12/17)

TSUKUMO、Radeon PRO W6800を搭載したプロクリエイター向けデスクトップ
ヤマダデンキは、プロフェッショナル向けグラフィックスカードとなるRadeon PRO W6800を標準搭載したデスクトップPC「WA9A-W214/XB」の販売を開始した。(2021/12/16)

エプソンダイレクト、GeForce RTX 3060を搭載したクリエイター向け15.6型ノート
エプソンダイレクトは、クリエイター向けをうたった第11世代Coreプロセッサ搭載15.6型ノートPC「Endeavor NJ7500E」を発表した。(2021/12/15)

動画クリエイター200人が選ぶカメラメーカー 3位「DJI」、2位「Canon」、1位は?
Crevoは動画制作プラットフォーム「VideoWorks」に登録するクリエイターを対象に、動画制作に使用する機材やソフトに関する利用状況を調査した。仕事用のカメラ機材メーカーで最も支持されているのは「SONY」(47.4%)、2位は「Canon」(21.4%)、3位は「DJI」(18.8%)だった。(2021/12/9)

Meta、Facebookにユーザー収益化の「professional mode」と「Stars Store」
Metaは、Facebookのクリエイター向け収益化ツール「professional mode」と「Stars Store」を発表した。professional modeは個人アカウントでページ同様に収益化できるモード、Stars Storeは昨年から提供している投げ銭を購入できるストアだ(いずれも日本での対応は未定)。(2021/12/9)

「娘の誕生日祝いに動画を作って」クリエイターを狙った詐欺の手口が巧妙 実際にだまされそうになった報告が恐ろしい
もらう側が取られる側に。(2021/12/6)

ASUS「ProArt Display PA148CTV」はクリエイターも驚きのジョグダイヤルを備えた14型モバイルディスプレイだ
ASUS JAPANの「ProArt Display PA148CTV」は、クリエイター向けの機能やスペックを盛り込んだユニークな14型モバイルディスプレイだ。実機を試してみた。(2021/12/6)

16型の大画面有機EL搭載ながら2kg切り! 厚さ約19.5mmの「Vivobook Pro 16X OLED」を試す
ASUS JAPANの有機ELディスプレイ搭載ノートPC「Vivobook Pro 16X OLED」は、クリエイター向けPCらしい見た目で固めたユニークなモデルだ。実機をチェックした。(2021/12/2)

TikTok、クリエイター収益化ツールを拡充 投げ銭などが可能に
TikTokがクリエイターのための収益化プログラム「Creator Next」を発表した。また、コンテンツにギフトを贈る機能と、クリエイターにチップを投げる機能も追加した。(現在、日本は対象外。)(2021/12/2)

3つのフォーマットを用意:
Facebook上の動画コンテンツにインストリーム広告を挿入可能に ブランドとクリエイター双方のメリットは?
Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に挿入できる広告であるインストリーム広告を日本で提供開始。(2021/12/1)

GIGABYTE、クリエイター向けノートPC購入で「Adobe Creative Cloud」3カ月クーポンをプレゼントするキャンペーンを開始
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製「AERO」シリーズの対象モデル購入者向けのバンドルプレゼントキャンペーンを開始した。(2021/11/26)

TSUKUMO、第12世代Core i7/i9採用のクリエイター向けデスクトップPC
ヤマダデンキは、第12世代Core i7/i9プロセッサを標準搭載したクリエイター向けデスクトップPC計2製品の販売を開始した。(2021/11/24)

GIGABYTE、クリエイター向けノート「AERO 15 OLED」にWindows 11搭載モデル3製品を追加
GIGABYTEは、同社製クリエイター向けノートPC「AERO 15 OLED」シリーズのラインアップにWindows 11搭載モデル3製品を追加した。(2021/11/18)

YouTube、「Dislike(低く評価)」の数を非表示に(ボタン表示は継続)
YouTubeは、動画を低く評価する親指を下げるボタンが押された数を非表示にすると発表した。クリエイターの攻撃に使われていたため。ボタン自体は残す。(2021/11/11)

Unity、「ロード・オブ・ザ・リング」などのVFXを手掛けたWeta Digitalを16億ドルで買収 「メタバースの未来を形作る」
ゲームエンジンのUnityが、ピーター・ジャクソン監督が会長を務めるVFX企業Weta Digitalを買収する。買収総額は16億2500万ドル。VFXツールをクラウドでクリエイターに提供し、「メタバースの未来を形作る」のが目的。(2021/11/10)

サードウェーブ、Core i7+RTX 3060を搭載したクリエイター向け17型ノートPC
サードウェーブは、17型WQHD液晶ディスプレイを内蔵したクリエイター向けノートPC「raytrek R7-TA」の販売を開始した。(2021/11/5)

Social Media Today:
YouTubeはクリエイターに毎年100億ドルを支払っている――急拡大「経済圏」で本当に儲けているのは?
YouTubeが世界経済への貢献を概説する新しいレポートを発表した。(2021/11/5)

Meta(旧Facebook)、クリエイター向け“Apple税”回避ツール提供開始
Meta(旧Facebook)は、Facebookページのクリエイター向けに「サブスクリプション」の購読料徴収で“Apple税”を回避するツールの提供を開始した。「Appleの30%手数料はクリエイターの収益化を困難にしてる」とザッカーバーグCEO。(2021/11/4)

PR:クリエイターのニーズに応える性能と機能を超薄型ボディーに凝縮! 「Creator Z16 A11U」の圧倒的な破壊力
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、パワフルなクリエイター向けノート「Creator Z16 A11U」シリーズが登場した。藤原ヒロシ氏との限定コラボモデル「Creator Z16 Hiroshi Fujiwara Limited Edition」と共に細かくチェックした。(2021/11/4)

ワコム、15.6型4K液晶を搭載したクリエイター向けペンタブ「Cintiq Pro 16」新モデルを発表
ワコムは、15.6型4K液晶パネルを備えたペンタブレット「Cintiq Pro 16」の新モデルを発表した。(2021/10/26)

マウス、15.6型WQHD液晶を搭載したクリエイター向けノート Thunderbolt 4ポートも搭載
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」ブランドから15.6型WQHD液晶搭載ノートPC「DAIV 5N」の新モデルを発売する。(2021/10/25)

Twitter傘下のRevue、タイムラインからニュースレターを直接サブスクできるサービス開始
Twitterが1月に買収したRevueがツイートにニュースレターの購読ボタンを表示する機能を追加した。「購読する」をクリックするだけで直接そのニュースレターをサブスクリプションできる。Twitterによるクリエイター収益化の取り組みの一環だ。(2021/10/23)

サードウェーブ、クリエイターPCを特価販売する「raytrek秋の感謝祭2021」
サードウェーブが、“raytrek”ブランド製クリエイターPCを特価販売する「raytrek秋の感謝祭2021」を実施中だ。(2021/10/11)

8コアCPU+RTXがRAW現像/動画編集に効く! マウス「DAIV 5P」の魅力に迫る
マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズに、第11世代Core搭載の「DAIV 5P」が登場した。GPUに GeForce RTX 3050を備えた実機を細かくチェックした。(2021/10/8)

Facebook、メタバースから企業名を廃し「Horizon Worlds」に 1000万ドルのファンドも立ち上げ
Facebookが2019年に発表したメタバースプラットフォーム「Facebook Horizon」を「Horizon Worlds」に改称した。クリエイター育成のための約11億ドルのファンドを立ち上げ、Horizon向けアプリのOculusストアでの公開を促進する。(2021/10/8)

同人マンガをファンが翻訳して収益分配、DLsiteが新サービス オリジナル作品限定
エイシスが「DLsite」で提供する新サービスとして、クリエイターの作品をファンが翻訳し、作品の販売収益を分配できる「みんなで翻訳」を始める。すでにクリエイターの募集を開始しており、11月に翻訳者の募集を、12月に翻訳作品の販売を始める予定。(2021/10/7)

DLsiteが翻訳して利益を分配する新サービス「みんなで翻訳」を開始 「神か」「海賊版対策にもなりそう」
翻訳者とクリエイターをつなぐサービス。(2021/10/7)

Twitchの大量のソースコードやクリエイターへの支払いリストが流出 4chan上に
Amazon傘下のオンライン実況サービスTwithに大規模な攻撃があり、125GB以上のデータが盗まれた。4chanにデータへのリンクが公開され、Twitchは調査中とツイートした。(2021/10/7)

音声SNSの「Clubhouse」が年内に日本語化 「日本は優先順位の高い国」
Clubhouseが、9月30日に日本の報道関係者向けにサービスの方針について説明。年末までの間に、日本語を含めたいくつかの言語でローカライズのテストを行う。ルームやクラブのサブスクリプション登録、ルームに入るときの支払い、投げ銭など、クリエイターの収益化についても進めている。(2021/10/1)

イラスト発注サービス「Skeb」、作品を印刷して配送する新機能 クロップされない“可変額装”採用
クリエイターにイラストなどを発注できる「Skeb」を運営するスケブは、納品されたイラストを印刷し、アクリルパネルや額装に入れて自宅に届けるサービス「印刷してお届け」機能を10月1日から始める。(2021/10/1)

新型Surfaceは画面がひっくり返って「液タブ」に クリエイター向け「Surface Laptop Studio」登場
米Microsoftは9月22日(現地時間)、同社のモバイルデバイス「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Laptop Studio」を発表した。クリエイター向けに位置づけられており、ディスプレイが180度回転することで、液晶ペンタブレットのように使うことができる。(2021/9/23)

MSI、藤原ヒロシ氏コラボデザインのクリエイター向け16型ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、クリエイター向け16型ノートPC「Creator Z16」のラインアップに藤原ヒロシ氏とコラボレーションした限定デザインモデルを追加した。(2021/9/21)

「投げ銭」経済の明暗 広がるクリエイターエコノミー
動画配信や文章の執筆、ハンドメイド作品の出品など、インターネットを舞台にした創作活動によって収入を得る人が増えている。こうした経済活動は「クリエイターエコノミー」と呼ばれ、関連企業が今夏、業界団体「クリエイターエコノミー協会」を発足させたことでも話題となった。発展が見込まれる一方、ネットでの誹謗(ひぼう)中傷への対処など、個人主体だからこそ直面する課題も多く、新たな商取引の普及に向けた試行錯誤が始まっている。(2021/9/17)

マウス、クリエイター向け15.6型ノート「DAIV 5P」新モデル 第11世代Core採用
マウスコンピューターは、クリエイター向け15.6型ノート「DAIV 5P」シリーズの新モデルを発売した。(2021/9/14)

国内展開は未定:
Lenovoが新型ディスプレイを発表 Display HDR400に対応したクリエイター向け27型4K液晶ディスプレイなど3製品
中国Lenovoは、このほど開催された「Lenovo Tech World 2021」にてクリエイター向け27型4K液晶ディスプレイなどディスプレイ計3製品の発表を行った。(2021/9/8)

PR:ビジネスもゲームもクリエイティブ用途も快適に! 生まれ変わった「Prestige 14 A11」シリーズを試す
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)のビジネス/ライトクリエイター向けノートPC「Prestige 14」シリーズが、最新のIntel第11世代Core搭載モデルに生まれ変わった。GPUも強化された4Kモデルをチェックした。(2021/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。